Event is FINISHED

END ALS x 世界ALSデー2018 @ GOOD DESIGN Marunouchi トーク&映画上映会 [6/21]

Description

6月21日は「世界ALSデー」。世界中で難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」の認知・理解向上、そして治療の確立などを目的とするイベントが行われます。GOOD DESIGN Marunouchiでは、ご自身も患者である藤田正裕(ヒロ)さんによって設立された一般社団法人 END ALSにご協力し、6月21日(木) - 24日(日) まで展示やイベントを開催します。


「ALSについて知る」トーク&上映会


6月21日(木)は、ご自身も一般社団法人WITH ALSの代表であり、またALS患者でもある武藤将胤氏をゲストにお迎えし、トークの後、ALSを発症したアメリカンフットボールの元選手スティーヴ・グリーソンのビデオダイアリーを基にしたドキュメンタリー「ギフト 僕がきみに残せるもの 」(2016) の上映・鑑賞会を実施します。上映の後、ドリンクを飲みながら、参加者みなさんの感想をお聞きしたり、映画についての対話ができればと思います。

誰もがなり得る病気である、ALSのことを知り、また、どういうサポートができるかを知ることができる機会です。皆様のご参加お待ちしております。

*同日 14:00-15:30は、当日のゲストである武藤氏のデッサン会を実施します。こちらにもご参加希望の方はGOOD DESIGM Marunouchiウェブサイトをご覧ください。


実施概要:

日時:2018年6月21日(木)  開場 17:00

トーク:17:30- 映画上映:18:00-20:00 閉会:20:30ごろ

  

トークゲスト:武藤将胤氏


武藤 将胤(Masatane Muto) | 一般社団法人WITH ALS代表

コミュニケーションクリエイター、EYE VDJ。

J-WAVE「WITH」ラジオパーソナリティー。

1986年LA生まれ、東京育ち。(株)博報堂/博報堂DYメディアパートナーズで「メディア×クリエイティブ」を武器に、様々なクライアントのコミュニケーション・マーケティングプラン立案や新規事業・コンテンツ開発に従事。2013年に難病ALSを発症、2014年に宣告を受ける。(ウェブサイトトップの日数は、宣告を受けた時からの時間をカウントアップ。)現在は、ALSと闘病を続けながら一般社団法人 WITH ALSを起業し、活動を続けている。

http://withals.com/post/?id=304&navi_category_id=15



映画:映画「ギフト 僕がきみに残せるもの 」(2016)

難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を宣告された元アメリカン・フットボール選手が、これから生まれる息子のために撮影したビデオダイアリーをもとに製作されたドキュメンタリー。NFLニューオーリンズ・セインツ現役時代に輝かしい功績を残したスティーブ・グリーソンは、選手生活を終えたある日、ALSを宣告される。そして、そのすぐ後に妻との間に初めての子どもを授かったことが判明する。我が子を抱きしめることができるのかわからない厳しい現実を前に、グリーソンは我が子に向けてビデオダイアリーを撮りはじめる。グリーソン自身や家族、友人が撮影した4年間、1500時間におよぶビデオダイアリーによって構成され、グリーソンを支援するパール・ジャムのエディ・ベダーが劇中の音楽を提供し、本編にも出演する。

http://transformer.co.jp/m/gift/


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#343499 2018-06-07 16:39:42
Thu Jun 21, 2018
5:30 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
GOOD DESIGN Marunouchi
Tickets
参加申込み(ドリンク付き) FULL
Venue Address
東京都千代田区丸の内3−4−1新国際ビル1F Japan
Organizer
GOOD DESIGN Marunouchi
1,714 Followers